ヤーズの値段を検証。毎月の費用は?1錠いくら?

ヤーズは「毎月飲む薬」その値段は?

ヤーズは、服用を継続する場合は「毎月飲む薬」となります。となると、ひと月分の値段ががどの位になるのかは、非常に気になるところです。

ヤーズの通販時の値段

病院に行けない時も便利でお得なヤーズの通販での値段は

ヤーズの値段は、買う場所・方法・使用目的に寄って違ってきます。

ヤーズを一番お得な値段で購入出来る方法は、ズバリ「通販」です。
ヤーズは継続して飲み続けるお薬であり、新しいシートを飲み始めるタイミングで、仕事が忙しかったりして病院に行けないとなると大変んです。また次の生理から、飲み直さなくてはならなくなります。
そんな時、通販は非常に便利な購入手段となります。

しかも、通販では非常にお得な値段の「まとめ買い割引」などもあります。
例えばあんしん通販薬局では、1箱のみ購入の場合、ヤーズ1錠辺りのお値段は149円ですが、1年分、12箱をまとめて買った場合は何と88円になってしまいます。

病院ではこのようなまとめ買いによる割引は先ずありません。

毎月飲み続けることを考えた場合、最もお手頃な値段でヤーズを手に入れることが出来るのは、通販ということになります。

超低容量ピル・ヤーズ

5
内容量: 1箱28錠
有効成分: フエチニルエストラジオール、ドロスピレノン
製薬会社: バイエルシェリング
決済方法: カード銀行振込ビットキャッシュ
配送方法: 自宅郵送、郵便局留め可
在庫: あり

本日注文すると最短で3月4日(日)に届きます。

2箱7,560円6,842円カートへ
3箱11,340円9,817円カートへ
5箱18,900円15,672円カートへ
7箱26,460円21,618円カートへ

ヤーズのご購入は、
上記の「カートにいれる」ボタンから決済画面にお進みください。

処方箋薬のヤーズを通販で買うのは合法です

お得な値段でまとめ買いまで可能と、いいことづくめのようですが、果たして処方箋薬であるヤーズを通販で買うのは、法律的に大丈夫なのでしょうか。
結論から言うと、全く問題ありません。完全に合法でネット通販出来ます。

ヤーズは低用量ピルであり、日本国内においては「処方箋薬」の扱いです。そのため、ドラッグストアや、楽天やアマゾンなどの普通の通販サイトで購入することは出来ません。

ヤーズが通販出来る訳

アマゾンなどで買うことが出来ないのに通販?と思った方もいらっしゃることでしょう。ではどこで買うのかというと、「個人輸入代行サイト」で買うことになります。

低用量ピルは確かに日本の法律では「処方箋薬」で、医師の診断のあと処方箋を出してもらわなければ入手出来ないお薬となっています。しかし、海外に行っている間に、現地の薬局で、自分用の薬を購入するのは、法律では完全に合法となっています。「海外の薬を自分のために輸入して買う」ことは、この、海外の薬局で自分用の薬を買うことと全く同じと取られています。

そのため、個人輸入代行サイトで、自分用のヤーズを買うのは完全に合法という解釈がなされるのです。

超低容量ピル・ヤーズ

5
内容量: 1箱28錠
有効成分: フエチニルエストラジオール、ドロスピレノン
製薬会社: バイエルシェリング
決済方法: カード銀行振込ビットキャッシュ
配送方法: 自宅郵送、郵便局留め可
在庫: あり

本日注文すると最短で3月4日(日)に届きます。

2箱7,560円6,842円カートへ
3箱11,340円9,817円カートへ
5箱18,900円15,672円カートへ
7箱26,460円21,618円カートへ

ヤーズのご購入は、
上記の「カートにいれる」ボタンから決済画面にお進みください。

ヤーズの病院での値段

保険適用の値段と保険適用外の値段があります

病院のヤーズの値段は、保険適用になる場合と保険適用外になる場合とで、値段に大きな違いがあります。

実は、海外では避妊薬として認可されていて、避妊効果もしっかりとあるヤーズですが、日本国内では避妊薬としては現在でも認可されていません。そのため、避妊薬としてヤーズを処方してもらうとなると、保険適用外になり、お値段もお高めになってしまうのです。

ではどんな時が保険適用の値段になるのかというと、「月経困難症治療薬」などとして使用する場合です。何故なら日本では、ヤーズは月経困難症治療薬として認可されている薬だからです。

医師がヤーズを求める患者を「月経困難症」と診断し、その症状を和らげる目的で処方する場合にのみ、ヤーズは保険適用の値段で入手することが出来るということです。
ヤーズを飲んでみたいけれど、月経困難症の諸症状がない女性は、保険適用の値段でヤーズを入手することは難しそうです。

病院で処方してもらう時は3シートまで

通販では1年分=12シートのまとめ買いで値段を抑えることが可能ですが、病院ではそういう値段の割引はありません。これはヤーズが比較的新しい薬だからです。新薬は一度に沢山処方してはいけないという決まりがあります。

希望すれば3シートまでは処方OKという病院が多いようです。そうなると、3ヶ月毎には通院しなくてはならず、多忙な女性にとってはなかなかの手間になってしまいます。値段の割引はもちろんありません。
ヤーズそのものの値段の他に、病院では再診料、薬剤情報提供料などがプラスされます。検査をする場合はもちろん検査の値段も含まれますし、病院と自宅を往復する時に公共の交通機関を使えば、交通費もかかります。

また、ヤーズがなくなるタイミングで病院に行けないと大変です。通院によってヤーズを入手している女性は、手持ちのヤーズがなくなるギリギリの日程ではなく、早めにクリニックに予約するなどして出向いておくと安心です。

病院によってヤーズの値段が違うことも

避妊薬として病院にヤーズを出してもらう場合は、「自由診療」の値段で入手することになります。自由診療とは、保険が適用されない診察と処方のことで、その値段は病院・医院が自由に決めていいことになっています。

今時法外な値段を設定する病院はもちろんありませんが、それでもそれぞれが自由に値段を定めているために、値段には病院毎のバラつきがあるのが現状です。

超低容量ピル・ヤーズ

5
内容量: 1箱28錠
有効成分: フエチニルエストラジオール、ドロスピレノン
製薬会社: バイエルシェリング
決済方法: カード銀行振込ビットキャッシュ
配送方法: 自宅郵送、郵便局留め可
在庫: あり

本日注文すると最短で3月4日(日)に届きます。

2箱7,560円6,842円カートへ
3箱11,340円9,817円カートへ
5箱18,900円15,672円カートへ
7箱26,460円21,618円カートへ

ヤーズのご購入は、
上記の「カートにいれる」ボタンから決済画面にお進みください。