ヤーズでPMS撃退!イライラと憂鬱にサヨナラしましょう

PMS(月経前症候群)って何?

生理前の身体的・精神的な辛い症状のことをいいます

PMS(月経前症候群)とは、生理の2〜1週間前に、体や精神に起こる様々な辛い症状のことを言いま。

体の症状としては、下腹部痛、下腹部膨満感、頭痛、乳房の張り、腰痛、食欲増進、体重増加、便秘または下痢、眠気などがよく知られています。

精神的な症状としては、怒りっぽくなる、憂鬱、無気力、涙もろくなるなどで、精神的症状の方がより重い場合は、「月経前不快気分障害」とも呼ばれています。

生理前の不安定さは女性なら誰でも覚えがあるものですが、月経前症候群が重い人は、通勤通学が苦痛になったり、パートナーや家族、友人に対して好戦的になってしまったりなどの困った現象に悩まされています。

月経前症候群は、「生理に伴う仕方のないもの」ではなく、治療や緩和が可能です。
積極的に医師に相談し、治療に取り組みましょう。

PMS(月経前症候群)の起こる仕組み

月経前症候群の原因は、排卵の前後で女性ホルモンのバランスが大きく変化するためだと考えられています 。

排卵が起こってから生理までの間は「黄体期」と呼ばれていますが、この黄体期の前半で多く分泌されていた黄体ホルモン(ブロゲストーゲン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)が、後半で急激に減ります。この女性ホルモン分泌量の急激な変化が、月経前症候群の原因となっているのです。

黄体期に分泌される黄体ホルモン(ブロゲストーゲン)は、体の水分を保持する役割があります。そのため、多く分泌されるとむくみを引き起こし、また水分が頭にたまれば頭痛が、乳房にたまれば乳房の張りと乳房痛が発生します。

更に、ホルモンの働きで脳内のセロトニンという物質の分泌が減少すると、ネガティブな気分になりがちで、気持ちが不安定になるのです。

このように、ホルモンバランスの変化が、女性の体に様々な症状を引き起こしている状態がPMS=月経前症候群です。

ヤーズがPMSに効く仕組み

PMS(月経前症候群)は、排卵前後の黄体ホルモン(ブロゲストーゲン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)分泌量の急激な変化が原因なので、低用量ピルであるヤーズを使って排卵そのものを止めてしまおうというのが、ヤーズをPMS(月経前症候群)治療目的で使う時の考え方です。

ヤーズの服用を始めると、体のホルモンバランスが妊娠中のものと同じになります。既に妊娠していると脳が騙されるので、排卵がストップされます。排卵が起こらないと、ホルモンバランスの急激な変化もなくなるので、PMS(月経前症候群)も楽になるというメカニズムなのです。

ヤーズを飲み始めてから最初の生理前の期間で、早くも効果を感じる女性もいますが、大抵は2〜3シート目を飲んでいる間に実感出来るという臨床データがあります。そのため、最初のヤーズで効果を感じなくても、焦らずにもう少し継続してみることをお勧めします。

ヤーズは「超低用量」なので、ヤーズそのものの副作用を感じにくい

PMS(月経前症候群)の治療には、基本的にどの種類の低用量ピルも使えますが、ヤーズを特にお勧め出来る理由は、ヤーズが卵胞ホルモン(エストロゲン)含有量が最も少ない「超低用量ピル」であるからです。

低用量ピルは、体を妊娠中と同じ状態にするお薬ですので、初めて飲み始めた時期に、つわりにそっくりな「マイナートラブル」という副作用が発生することがあります。吐き気、腹痛、だるさなど、このマイナートラブルが辛くて低用量ピルの使用を諦める人も存在します。
これらのマイナートラブルの原因になっているのは、低用量ピルに含まれる女性ホルモンのうち、卵胞ホルモン(エストロゲン)です。

ヤーズは、これらの副作用が苦手な女性でも安心して使えるピルとして開発されたという前提があり、新成分である合成黄体ホルモン(ブロゲストーゲン)である「ドロスピレノン」の効果が強力なため、卵胞ホルモン(エストロゲン)の含有量を極限まで少なくすることに成功しています。そのため、ヤーズ以前の低用量ピルでは吐き気などが強すぎて使用を諦めていた女性でも、使用出来る低用量ピルとして、非常に人気があります。

月経前症候群の辛い症状で苦しんでいる時に、もしかしたら低用量ピルの飲み始めの副作用で、更に辛い思いをするかもしれないと思うと、思わず諦めてしまいたくなりますが、そんな方でもヤーズは安心に試してみることが出来ます。

生理中の辛い症状である「月経困難症治療薬」として国内認可済みのヤーズは、月経前症候群にも抜群の効果を発揮してくれます。
月経前症候群の治療薬として、是非一度ヤーズを試してみて下さいね。