ヤーズと生理痛。飲めば痛みが軽くなって快適に

ヤーズで生理痛が軽くなる

ヤーズは「月経困難症治療薬」生理痛に効果抜群です

ヤーズを飲むと生理痛が軽くなるというのは本当です。

ヤーズには避妊効果のほかに、女性のホルモンバランスを整えて生理を軽くする働きがあります。
ヤーズは月経困難症に非常に効果のある薬です。何しろヤーズの国内認可は「月経困難症治療薬」としてです。月経困難症に対するヤーズの効果は、お役所のお墨付きと言えます。

月経困難症とは、生理時の不快な症状、具体的には生理痛(下腹部痛)、腰痛、頭痛、吐き気、眠気、憂鬱などが強すぎて、日常生活に支障をきたす状態のことです。特に辛いので有名なのは生理痛で、市販の鎮痛剤では治まらず、生理痛の最中はただ横になっていることしか出来ない女性も多く存在します。
ヤーズはホルモンバランスを整えて、辛い生理痛を軽くする作用があります。

ヤーズがホルモンに働きかけて起こる2つの作用

ヤーズを飲むと、子宮内膜が厚く育たなくなります。またヤーズは生理時の子宮収縮運動を弱めます。
子宮内膜の容量が多いと経血量が増えることになり、生理時に排出するための力がより多く必要となるため、生理痛が酷くなります。また、生理時に子宮がギュッと収縮する力が強いと、より生理痛が酷くなるという特徴があります。
ヤーズを飲むと、この2つの生理痛の原因が抑えられるため、生理痛が軽くなるということなのです。

生理痛が酷すぎる女性は、是非ヤーズの服用を選択肢に入れてみて下さいね。

ヤーズで生理痛が軽くなる仕組みを理解する

生理痛の仕組みを知って、ヤーズが生理痛に効く理由を理解しましょう。

生理痛と子宮内膜、そして子宮の収縮の関係

生理は「おなかの中で赤ちゃんを育てる準備として、分厚く育っていた子宮内膜が、期間中に受精しなかったために必要なくなり、体外へ排出される現象」のことです。つまり、生理の「出血」とわたしたちは呼んでいますが、生理の時に出て来る「経血」は、血液だけではなく子宮内膜でもあります。

受精卵の着床に備えて「ふかふかのベッド」の役割を果たすために分厚く育っていた子宮内膜は、受精が起こらないと必要なくなります。
生理が始まると、ホルモンと似た「プロスタグランジン」という物質が分泌されます。プロスタグランジンは子宮をぎゅーっと収縮させます。子宮が収縮されると、子宮と子宮内膜を繋げていた細かい血管がブチブチと切れて、子宮内膜は体外へ押し出されます。
この時、子宮がより強く収縮したり、子宮内膜の量が多くて排出が滞ったりすると、下腹部に強い痛みを感じることがあります。これが生理痛=月経痛と呼ばれるものです。

海外ではヤーズなど低用量ピルが「月経困難症治療の第一選択薬」

ドイツ・フランス・アメリカ合衆国など海外では、ヤーズなどの低用量ピルが月経困難症治療の第一選択薬として、広く認知・使用されています。日本でもヤーズとルナベルが、やっと月経困難症治療薬として認可されました。

生理痛は「あって当たり前」「病気でもないのに」などと、周囲の無理解が長く横行してきた歴史があります。しかし現在では、生理痛はヤーズなどを使って積極的に治療することで、毎日が快適になることが認知されつつあります。誰に遠慮も要りません。婦人科で生理痛の悩みを相談し、超低用量ピルヤーズで生理痛治療を始めましょう。