ヤーズで生理をコントロール。軽くしたり、生理期間をずらしたり

ヤーズが生理に及ぼす影響とは?

ヤーズは月経困難症治療に効果大!

経口避妊薬・低用量ピルとして周知されているヤーズですが、日本での認可は避妊薬としてではなく、「月経困難症治療薬」としてでした。(注:海外においては、ヤーズは避妊薬として認可されています。当然避妊効果もあるのですが、日本では避妊目的でヤーズを使うことは「保険適用外」となってしまいます。)

ここで軽くおさらいしておきましょう。
月経困難症とは「生理時に起こる様々な不快な症状が、日常生活に支障をきたすほど重い状態であること」をいいます。
生理中には、生理痛、下腹痛、頭痛、食欲不振、憂鬱、吐き気、眠気など、様々な症状がありますが、中でも生理痛が酷くて仕事や学校を休まざるを得ない女性は少なくありません。

ひと昔前は、生理に対して非常に無理解な風潮が幅を利かせていて、「生理痛なんで病気ではないのだから我慢すべき」などという、ひどい意見がまかり通っていました。しかし最近では、月経困難症は治療が必要なものとして、少しずつ認知されてきています。

ヤーズを飲むと、生理そのものが非常に軽くなるため、月経困難症の症状も治まってきます。月経困難症には、子宮内膜症や子宮筋腫など、別の病気が引き金で起こっている場合もありますが、ヤーズはそういう疾患のあるなしに関係なく、月経困難症治療薬として使えます。そしてヤーズは効果も絶大なため、毎月生理で苦しい思いをしている方は、医師に相談して是非一度ヤーズを利用してみて下さいね。

ヤーズで生理痛が軽くなる仕組み

生理とは「月に一度、妊娠しなかったために不必要となった子宮内膜が、子宮から剥がれて体外に排出される働き」のことです。妊娠に備えて分厚く育った子宮内膜を、どうやって子宮から剥がすのかというと、プロスタグランジンという生理活性物質が分泌されます。すると、子宮がぎゅーっと収縮されて、子宮内膜がベリベリと剥がれるのです。
この時、プロスタグランジンの分泌量が多すぎたり、子宮筋の方の感受性が高かったりすると、より強く子宮が収縮してしまって、強い生理痛となるのです。

プロスタグランジンの分泌量は、黄体ホルモン(プロゲストーゲン) の分泌量に比例します。ヤーズを服用すると、排卵が抑制されて、黄体ホルモンの分泌も抑えられます。そのため、プロスタグランジンの分泌量も減るので「ヤーズを飲むと生理痛が軽くなる」という現象が起こるのです。

ヤーズを飲むと経血量も減る!

ヤーズを服用している間は、体が妊娠中と同じホルモンバランスになるため、排卵も起こらず、子宮内膜も厚くなりません。生理というのはこの子宮内膜が、月に一度、子宮から剥がれて体外に排出される働きです。つまり、剥がれた子宮内膜が生理の時の分泌物、経血です。
つまり、ヤーズを飲むと子宮内膜が薄いまま生理となって体外へ排出されるということなので、経血量が減るのです。

経血量が多くて悩んでいる女性は、一度ヤーズを試してみることをお勧め致します。

ヤーズは月経前症候群にもよく効きます

生理そのものが軽くなり、月経困難症の症状を軽くするヤーズですが、生理前の不快な症状である「月経前症候群=PMS」にも高い効果を発揮します。

生理前のイライラ、落ち込み、眠気、だるさなどの不快な症状も、ヤーズを服用中には随分軽くなります。月経前症候群の症状は、精神的なものが主ですが、ヤーズの服用=ホルモン治療でもかなり症状が軽減することが報告されています。ヤーズを飲むとホルモンバランスの急激な変化がなくなるためです。

重い生理の症状プラス、月経前症候群まであるとすると、1月の間で体調が万全なのは、たった1週間ということになってしまいます。生理にそんなに振り回される毎日は、辛いですよね。月経前症候群で毎月苦しんでいる貴女は、是非ヤーズの服用を視野に入れてみて下さいね。

ヤーズで生理期間をずらせるって本当?

ヤーズは「一相性ピル」生理日のコントロールに最適!

ヤーズは「一相性ピル」と呼ばれる種類の低用量ピルです。これはどういうことかというと、偽薬(プラセボ)以外のホルモン錠に含まれている合成女性ホルモン量が、全て同量のピルである、という意味です。
一相性のほかにはニ相性、三相性があり、それぞれホルモン量が2段階、3段階で増えていくと覚えておきましょう。ちなみに、有名なトリキュラーは三相性ピルです。

ヤーズのような一相性ピルは、生理日のコントロールがしやすいピルとして根強い人気があります。これはどうしてかというと、全てのホルモン錠が同じホルモン量なので、どこから飲み始めても一緒だからです。例えばトリキュラーなどの三相性ピルだと、錠剤を飲む順番が厳密に決められています。

ヤーズは超低用量ピルという呼び名の通り、含有卵胞ホルモン(エストロゲン)は非常に少ないピルですが、ほかの一相性の低用量ピルと同じように、休薬期間をずらすことで生理日のコントロールが可能です。

「休薬期間」が「生理期間」この基本を覚えておきましょう

ヤーズは、28日間を1周期として、ホルモン錠を飲まない「休薬期間」が4日間あります(※ヤーズ以外の低用量ピルの休薬期間は7日間)。この休薬期間の間に生理が来ます。休薬期間=生理期間と、まず覚えておきましょうね。
(※厳密には、「低用量ピルを飲んでいる人の生理」のことは「消退出血」と言いますが、このページでは、分かりやすく「生理」と呼ぶことに致しますね)

ヤーズで生理を3日早める方法

生理の初日からヤーズを飲み始め、21日めまで、毎日同じ時刻にヤーズを服用していきます。本来ならあと3日実薬(=ホルモンが含まれている錠剤)を飲む訳ですが、22日目〜25日めまでを休薬期間とし、ホルモン錠を飲むのを休みます。するとこの時期に生理が来ます。26〜28日目は、残っていた実薬3錠をそれぞれ1日1錠飲み、29日目から次のシートのヤーズをのみ続けて下さい。

ヤーズで生理を遅らせる方法

生理の初日からヤーズを飲み始め、24日目まで通常通り飲み続けて下さい。25〜28日目は、次のシートのヤーズの実薬を1日1錠飲み続け、29〜32日目をホルモン錠を飲まずに休薬期間とします。するとこの期間に生理が来ます。33日目からはシートの続きのヤーズを1日1錠飲み続けて下さい。

ヤーズで生理を早めるのと遅らせるの、どっちが成功率が高い?

ヤーズによる生理日のコントロールは、遅らせる方が成功率が高いという統計があります。早める方法は、特に初めてピルを使うユーザーにとっては難しいようです。
生理日の調整は、ヤーズに体が慣れてからの方が、生理周期がハッキリしているせいもあり、やりやすいようです。
初めてヤーズを使用して、生理期間を調整したいと考える場合は、予定日の少なくともひと月以上前に、婦人科の医師と相談して取り組んで下さいね。