ヤーズとニキビの関係。肌が綺麗になるのは本当かヤーズとニキビの関係。

ニキビの治療にヤーズが効くって本当?

ヤーズはアメリカではニキビ治療薬として認可されています

ヤーズはニキビ治療に有効な薬です。アメリカでは、ヤーズのニキビ治療に関するエビデンスが認められていて、ニキビ治療薬として認可されています。日本ではヤーズのニキビ治療薬としての認可はないので、この目的のために保険適用で処方されることはありませんが、皮膚科の自費診療ではヤーズを出しているクリニックも存在します。

ヤーズで女性ホルモンを補うことでニキビが減る

ヤーズを飲むと、何故ニキビが治るのでしょうか。
それは、ヤーズは低用量ピル、つまり女性ホルモン剤の一種であるからです。ヤーズを服用すると体のホルモンバランスが理想的な状態に整えられます。
ニキビは男性ホルモンの働きが過剰になりすぎることによって発生します。ヤーズを飲んでホルモンバランスが整えられると、男性ホルモンの働きが抑制されるため、ニキビが治まってくるのです。

ヤーズは2種類の女性ホルモンから出来ています。卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲストーゲン)です。そのうち、卵胞ホルモン(エストロゲン)が男性ホルモンの働きを抑制する作用を持っています。

ヤーズ以外の低用量ピルではニキビに効かないことがあります

では、ヤーズ以外のどの低用量ピルを飲んでも、ニキビは改善されるのではないか。そんな疑問も浮かんでくると思いますが、答えはノーです。

実は、低用量ピルに含まれているもうひとつの女性ホルモン、黄体ホルモン(プロゲストーゲン)が重要な鍵を握っています。
様々な種類の低用量ピルが存在していますが、実は使用されている女性ホルモンの種類が違っています。
そのうち、黄体ホルモン(プロゲストーゲン)の種類によっては、皮脂を過剰に分泌させるものがあります。卵胞ホルモン(エストロゲン)がせっかく男性ホルモンの働きを抑えても、皮脂を過剰に分泌させるタイプの黄体ホルモン(プロゲストーゲン)を同時に摂取していては、ニキビが改善するとは言い難い結果を生んでしまいます。どの黄体ホルモン(プロゲストーゲン)が使われているかは、ニキビ治療に低用量ピルを使用する場合、非常に重要なポイントだと言うことが出来ます。

ヤーズに使用されているドロスピレノンがニキビに効果的

ヤーズに使用されている黄体ホルモン(プロゲストーゲン)は、最新の成分である「ドロスピレノン」です。
第二世代までの黄体ホルモン(プロゲストーゲン)が、男性ホルモンから作られた合成女性ホルモンであったのに対して、ヤーズのドロスピレノンは利尿ホルモンから作られた、全く新しい黄体ホルモン(プロゲストーゲン)です。

元が利尿ホルモンであるため、低用量ピルの困った作用であるアンドロゲン作用(男性化症状)の心配が全くありません。むしろ皮脂分泌を抑える作用があるので、第二世代ピルまではよく見られたニキビという副作用が起こりにくくなっています。

そして、利尿ホルモン由来であることの大きな特徴として、利尿効果と余分な水分の排出効果があるため、デトックス効果があり、むくみも解消されてお肌がスッキリするのです。

アメリカではヤーズのこの薬効が化学的に認められているため、ニキビ治療薬としてヤーズが認可されるまでになったのです。

ヤーズ以外のニキビを抑える低用量ピル

黄体ホルモン(プロゲストーゲン)に「デソゲストレル」を使用しているマーベロンもニキビ治療に役立つとされています。
デソゲストレルは、メキシコ産の山芋から作られた合成黄体ホルモン(プロゲストーゲン)で、やはりアンドロゲン作用(男性化症状)の心配が全くないため、ニキビの心配がないとされています。

ヤーズでホルモンバランスを調整して、大人ニキビを改善

ニキビには大きく分けて2種類あります。思春期のニキビと、20歳以上の人の大人ニキビです。
ヤーズによってホルモンバランスを整えることで治療可能なのは、大人ニキビです。

この項では、思春期ニキビと大人ニキビの性質の違いと、ヤーズによるホルモンバランスがニキビ治療に役立つ理由を説明します。

皮脂の過剰分泌が原因の「思春期ニキビ」

思春期のニキビも、大人ニキビも、ホルモンバランスの乱れにより、男性ホルモンの作用が活発になりすぎることが原因となって発生します。

思春期のニキビは、10代の第二次性徴期において、ホルモンの働きが活発になり、過剰に皮脂が分泌されることが原因です。出来やすい場所はいわゆる「Tゾーン」、つまりこめかみ〜おでこ、鼻で、皮脂腺が多いエリアになります。これは二十歳位になると治まる場合が多いようです。

角質が毛穴を塞ぐ「大人ニキビ」

一方、ヤーズが治療に有効な「大人ニキビ」と呼ばれる20歳以上の人のニキビは、思春期ニキビとはちがって、両頬〜口、顎を繋いだ「Uゾーン」と呼ばれる箇所に発生します。皮脂のみでなく角質も毛穴に詰まるのが特徴です。

厄介な大人ニキビはヤーズで治療を

大人ニキビの原因は皮脂のみではありません。
乾燥と代謝の衰えのせいで、落とし切れなかった角質が皮脂と一緒に毛穴に詰まったり、ホルモンバランスが乱れて男性ホルモンの活動が活発になったりすることが、複合的にニキビの発生を促しているのです。

代謝の衰えは角質を落とすケア、乾燥は潤いをプラスするケアで対処することが出来ます。

ホルモンバランスの乱れは、ヤーズで整えることが出来ます。
睡眠不足、運動不足、乱れた食生活、ストレス過多などが原因でホルモンバランスが崩れると、男性ホルモンの働きが活発になります。すると、男性ならば髭が生える箇所に、女性の場合はニキビが発生してしまいます。
しかしヤーズを服用すると、体のホルモンバランスが理想的な状態に調整されます。ヤーズの作用で過剰だった男性ホルモンの働きが抑えられて、ニキビが治まってくるのです。